強い眠気は糖尿病の初期症状!?

 

 

食後に強い眠気に襲われたことはありませんか?

 

もしかしたら糖尿病の初期症状かもしれません…。

 

ここでは食後の眠気と糖尿病について書いていこうと思います。

 

 

強い眠気は糖尿病の初期症状!?

 

食後に強い眠気に襲われたことはありませんか?

 

食後になぜ眠気がくるかと言うと、食後の栄養がブドウ糖(血糖)となり、それを身体に吸収しようとインスリンが分泌されます。

 

このインスリンが糖の多い食事や運動不足、ストレスなどが原因で、誤って大量に分泌されてしまうと、血糖値は急激に下がり、低血糖の状態となってしまいます。

 

低血糖となると、脳に栄養が行き渡らなくなってしまう為、強い眠気に襲われてしまうのです。

 

糖尿病の初期症状として、このインスリンの大量分泌が言えます。

 

普段の生活で、糖分の多い食事をしていたり、運動をあまり行っていなかったり、仕事のストレスなどで自律神経がコントロールできていない場合にインスリンがうまく機能しなかったり、大量に分泌されてしまうなどの症状が出てしまいます。

 

インスリンが大量に摂取されると、身体に取り込む栄養がないという状態になりやすいです。

 

その為、新たに栄養を補給しようと、食欲が増します。

 

そうなると、またブドウ糖(血糖)を新たに身体に摂取してしまい、それをまたインスリンが身体に取り込むので負のスパイラルが続きます。

 

ブドウ糖(血糖)を摂りすぎた場合、血液中の糖の量が多くなってしまうので、血糖値が高くなり、糖尿病になりやすい身体となってしまいます。

 

ですので、食後に強い眠気に襲われてしまう方は、インスリンが大量に分泌されている可能性があるので注意が必要と言うことです。

 

インスリンをうまくコントロールできれば、糖尿病の改善や予防にも効果的ですが、それには食物繊維の多い食事で血糖値の上昇をさせないようにするか、運動をしてブドウ糖を消費するように努める必要があります。

 

ストレスも重要ですので、うまく発散させるようにも務めて下さい。

 

言葉では簡単ですが、やってみると中々難しいですよね。

 

ご自分のできる範囲でまずは少しずつ食事や運動を改善して行きましょう!

 

 

眠気にはご用心

 

食後眠気に襲われるのは皆さん経験があるかと思いますが、もしかしたらそれは糖尿病の初期症状かもしれません。

 

食後の血糖値が気になり始めた方は、眠気に注意して下さいね。

 

健康な身体を手に入れて、あなたも笑顔で過ごしましょう!